角笛シルエット劇場

ひまわり・にじ・ほしぐみの子どもたちで市民会館にバスに揺られて、表記の

影絵劇「角笛シルエット劇場」の鑑賞会に行ってきました。

さくら保育園が開園してからほぼ毎年行ってますので17回か18回目になるの

です。「ないた赤おに」「つのぶえのうた」の2本立てです。

知っている歌が流れ出すと子どもたちも口々に口ずさんでいて広いホールに

圧倒された様子も見受けられました。

明日は、第1回の発表会リハーサル!宜しくお願いいたします。

10連休

来年に限り、皇太子さまが新天皇に即位される5月1日が祝日になることで

10連休になります。休みが多くなるのは嬉しい(ありがたい)ことですが、

保育園では4月に新年度が始まり、新入園児を迎えたばかりでの体制が改めて

という感じになるのかなぁと思います。経済効果はあるのでしょうが週40時間の

労働時間等を考えると他の月にしわ寄せがいくのかなとも思います。

はたしてどんな実感がわくのか今のところ?です。

入園が厳しい

この時期は、入園の問い合わせが数多くあります。そのほとんどが0.1歳児

の子どもたちです。保育士不足も加えてここ2.3年はご要望にお応えすること

ができません。

電話やメールでの問い合わせがある度に対応に苦慮します。

来年からは、年少児からは無償化のこともあり動向が気になるところです。

インターンシップ

熊本工業高校よりインターンシップ実習生として男子2名、女子2名の子が

きてくれています。毎年のことですが初日は緊張の面持ちで日を追うごとに

笑顔も増えてきて柔和な表情になっていきます。

子どもたちも「おにいちゃんおねえちゃん」は良い遊び相手でもあり、優しい

ので大好きな様子です。

実習生にもこれから進学又は就職にしてもこの実習が少しでも役に立てば

幸いです。

師走の慌しさ

季節はずれの暖かさですね。雨が降っていなければもっとよいのですが・・・・

今朝は、園外での業務があり午前8時過ぎから出てましたがいつもより渋滞が

あるように感じました。年内に終わらせようとすることや営業車も少なからずあり

より慌しさを感じます。

個人的には、2度交通事故に遭遇していますがいずれも12月です。

自分では注意しているのに・・・といくことがあってもあることです。

より注意が必要だと毎年言い聞かせています。

今週は暖→寒

今年は、暖冬傾向なのか一時的に朝の冷え込みはあったものの暖かい日が

続いていますね。師走に入ったのにあまり感じさせない陽気です。

今週末は、一転最高気温も10℃に届かないくらい寒い日が来る予想です。

発表会を前に気温差が激しいと如何しても調節が難しい面があるので何とか

体調面に憂慮して頂き調えて頂きますようお願いいたします。

インターンシップ

来週から、熊本工業高校の2年生の生徒たちがインターンシップとして研修

に来てくれます。男子2名女子2名の計4名です。さくら保育園の卒園児でみる

と第6回目の卒園児になります。そんな感じで照らし合わせてみるとより親近感

が沸きます。生徒たちに毎年お話しすることは、「行かされる」のではなく少しでも

「自ら行って学ぶ」ということを念頭においてほしいということと保育園は大事な

命をお預かりしている場であることを意識してほしいということです。

在園児たちは、お兄さんお姉さんが大好きなので楽しみにしています。

発表会の練習

各クラスより概ねプログラムがあがってきています。

プログラム名を見るだけで今年は何をみせてくれるのか、成長してきてのか

楽しみです。ステージを使っての練習もこれから佳境に入っていきます。

ご家庭でも練習をしてくれていたら励ましてあげてくださいね。

今年最後の大きな行事です。宜しくお願いいたします。

保育料無償化

幼児教育保育の無償化が本格的に決まりそうですね。無償になるのは本来は

喜ばなければいけないことなんでしょうけど問題は沢山ありそうです。

年少児から年長児の熊本市の保育料は0円から33,000円で設定されています。

市民税に応じて設定されていますので納税額が高い人ほど保育料も高くなると

いうことです。しかし、保育料が高かった人ほど無償化の恩恵を受けることもまた

事実であり違う形でお金の使途が出来るわけです。

今の段階では教材費や給食費は無償化の対象ではありませんので最終的には

どうなるかわかりませんが公平に公正にというのは難しそうな気がしています。

研修会

24・25の土日で「子どもの保育と明日を語る連絡会」の九州・沖縄ブロック

集会に参加しました。25園の園長先生方との懇談が主です。

元々は、全国の認可外保育施設が主として行っていた約50年くらいの歴史が

ある組織です。園があればあるだけ色んな問題、悩みがあるものですね。

特に沖縄は、認可保育園が少なく待機児童率が高い地域です。

経営主体を認可外から認可へ、同じ認可外でも企業主導型へ、経営を安定させ

るために学童も取り入れたり、社会に融合させるための努力をされています。

見習うべきものも多く、心を洗われた感じがした2日間でした。